性格でチェック!職場でストレスを感じやすい10の状況と対処法について

     

 

生産性があがらない職場環境にストレスを感じやすい人

向上心がある人

―特徴

新しいことにチャレンジしたときなど「自分にそれができるのか」ということに、とても興味があります。

―職場環境の悪さにストレスを感じる理由

自分ができるかどうかを知りたいため、仕事においても成果に着目して行動しています。そのため、生産性があがらない職場では、成果を出すことが難しく、やる気が出ずにストレスを感じてしまいます。

―ストレスの対処法

自分が、向上心があるタイプであると自覚をして、職場を選ぶことが肝心です。そのため、職場環境が改善されず、生産性があがる見通しが立たないのであれば、転職を考えてもいいかもしれません。

職場を選ぶときに、例えば、考えただけでテンションが上がるのはどんな仕事ができる職場なのかをイメージしてみてください。

「変化の少ない仕事」なのか「毎日変化があって臨機応変な対応が求められる仕事」のか「若干苦労があっても成果が取れる仕事」なのか。

自分のモチベーションが維持できる環境を自覚しながら、自分試しをしていくことができる職場で働けると、ストレスを感じにくくなります。

好奇心旺盛な人

―特徴

いつも面白い情報にアンテナを立てていて、退屈なことが苦手です。

―職場環境の悪さにストレスを感じる理由

職場環境が悪く生産性が上がらない職場は、新しい取り組みを受け入れない傾向にあるため、仕事がマンネリ化し、ストレスの原因となります。

―ストレスの対処法

「今の職場つまんないな」と感じているようなら、社内で新しい取り組みを受け入れてくれる聞き手を探してみるのがおすすめです。

 

【女子の人間関係白書】女の世界での上手な付き合い方とは

 

無駄が嫌いな人ー

―特徴

効率の良さを重視しているため、物事の無駄にすぐに気がついてしまうという特徴があります。

―職場環境の悪さにストレスを感じる理由

職場では、仕事の仕組みについて着目する傾向があり、無駄な仕組みを効率化する作戦をつねに思いついています。そのため効率化が図られない職場においては、無駄を続けることにストレスを感じます。

―ストレスの対処法

コミュニケーション能力の高さが必須です。システムの改変や構造の変化は多くの人を巻き込むことになるからです。そのような変化を望んでいる自分に気がついたら、コミュニケーションスキルを向上させ、味方をつける、総意を取る、などの自分の方策を実現させるサイドのスキルを向上させてみてください。

戦略性の高い人

―特徴

今の行動や現状から、結果をある程度推察できるという特徴があります。話を聞いただけで成功の条件や、見込みのない計画であるかどうかなど、瞬時に頭の中で可能性を計算しています。

―職場環境の悪さにストレスを感じる理由

職場環境が悪いと、現状からいい成果が得られないことが分かってしまいます。しかし、環境を改善する立場にない場合は、現状を打破することができないません。成果が出ないと分かっていることに、労力を使うことにストレスを感じてしまいます。

―ストレスの対処法

戦略的に物事を考えるのは、幼い頃からの思考パターンです。しかし、周囲の人には、何を考えているのか理解できないため、自分が当たり前に判断している物事を、できるだけ言語化することが肝心です。職場の人に伝えた見込みが、当たれば当たるほど社内で信頼されていきます。自分のアイディアを内に秘めない努力が必要です。

性格により、ストレスを感じる状況は大きくことなります。自己分析をして、ストレスを感じる状況を把握し、前向きに対処していくことで、職場でのストレスを少しでも軽減できるといいですね。

(監修:谷口スズ)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人におすすめ

職場のストレスから解放されたい!ストレスの3つの原因とは?

1 2 3

SNSでもご購読できます。