起業とは総合力と、人生で培ったものの集大成

     

起業は、自分の総合力が試される

目標の年商と月商を達成しても、私がなお、次に行こうと思えるのは、起業は人生で培ったものをいかにうまく使えるか、様々な事態にどう対応するのか、総合力が試されるから。それが面白いんだと思っています。

24歳から専業主婦で世間知らずだった私には、起業は全然簡単じゃなかったです。起業したのが42歳で、キャリアとかなかったし。

でも、すごく面白かったんですよね。

起業のベースは人とどう対峙するか

起業してみて思ったけど、自分と、対人、それが起業のベースとなります。自分と人、この間に嘘がないことが非常に大事で、どんな人とどう対峙するかが、結果にそのままでる気がしています。結果とは、口コミで、この口コミが起きないと、起業は厳しいんですよね。この点に関してはおそらく死ぬまで成長期で、日々自分のメンタルと向き合い続けています。

人とどう繋がるのか?
自分はその人たちのために何ができるのか?

いつも考えています。

自分と向き合うって自分を作り変えるのではなく、どんどん自分の純度を上げていくような、余計なものを削る作業です。力を入れずに人を受け入れていくための修行を続けている感じです。そして、それだけじゃダメなところも起業活動のすごく面白いところ。

聖人君子がお金稼ぐって異様な光景ですもんね。

別にいいひとになろうとしてるわけじゃないのね。シンプルになって適切な判断をしようと努力してるって感じです。いい人じゃなくてタフでしなやかになろうとしてます。

お金を追うと、うまくいかない

起業活動は、はなから大いなる矛盾を孕んでいるんですよ。お金のために働くのに、お金をみたらうまくいかないっていうね。なんでかっていうと、お金がお金を生み出すことができるのは、かなりな額に達したところから。しかも、投資の蓄積された知識と投資したお金を育てる時間が必要です。

うちは夫が30代から株式投資してたから、ちょっと特殊な環境ですが、普通ならプロに任せるか自分でやらないとです。だから、投資で増やす、この段階になるまでは自転車操業か拡大路線でいくしかなくてですね。

貯金も同じですよね。十分ってところまで蓄えるには働き続けるわけじゃないですか。

起業でこれをやるには想像以上にエネルギーを使うし、かなりメンタル強くないと続かない気がします。

起業で成功するために最も大切なこと

私はそうです。お金のためだけなら続かないと思います。熱中してたらうまくいってた、そういうことの繰り返しなんですよね。なんども、なんども書いてきたけど人生に必要なものは全て人が持ってきてくれます。

お金も勇気も成功に必要なメンタルの成長も、全部、人がもたらしてくれます。だからお金を追わず、人と向き合えるメンタルが必須なのですね。

限られた時間とエネルギーをどこに使うのか、自分の労力が向かう先に敏感になることが、起業活動のおかげでもはや当たり前になりました。

それが自分の一番の資産だってわかるから。それさえあればどこへ行っても生きていけるじゃん。だけどうまく使わないとです。うまく、出し惜しまず、全部ぜーんぶ吐き出す、そういう感じ。

人というベースと知恵や環境、できること、いろんなことを総合して見ることが起業活動なんだと思います。まだまだなんだよな。だけど楽しめて熱中できる自分でいたい。

書くと大層なことになっちゃうけど日々やることは地味なとこが気に入ってる。
こういう話って誰かの役に立つかな?役に立てば嬉しいな♪

この記事を読んだ人におすすめ

仕事と育児の両立に疲れたとき、独立起業という選択肢はあり?
成功している人は知っている、自分の活かし方

SNSでもご購読できます。