起業で成功するための大事な習慣とは

     

 

先日、Googleアドセンスの審査に通過した。

これで1つ大きな案件が消化された。

広告収入はYouTubeのアカウントとHPのダブルになった。
まだ額は小さいけれど、土台が出来上がった。

広告収入で目指すのはランニングコストの捻出。

手元の素材で組み上げる、自分の仕事

私はいつも遠くに色々取りに行かず、自分の手元のピースで勝負する。

これは、経済的に成功するための大事な習慣だと思ってる。

うまく行かない時って、手の内にないものを素材として扱っている時だ。

資格を取ってー(←今はないもの)
売り上げが今より増えたらー(←ずっとないかもしれないもの)
あの人みたいにあれができたらー(←ずっとないもの)

ないものを素材として動こうとしているなら、それは実現するのに時間を要するか、ずっと実現しないか。

 

私は待つのが大嫌い、そしてすぐに動けないのが苦痛。
情熱がない行動には結果がついてこない。

成果を取るための行動には、熱がいる。

それでもどうしても時間を要するものは、アウトソースして自分のストレスを減らし、空いた時間で全く違うことをする。

 

だからアドセンスが通過するまでのほとんどを、人に託していた。

私がその間やっていたのは、集客が成立した対人のサービスと、新たな人材の育成だった。

スポンサーリンク

 

今年の初めに対人のサービスをやめようと決めてから、自分の手の内にあるものをまじまじと眺めた。

手の内にあるものは、サービスの中で人に影響を与えることができた素材と、私を支えてくれる人たち。

素材は、サービスの中で最も多くの顧客が反応を示し、それを知った後と前では物事の判断が変わったことを選別。

人材は、とにかくWebに強い人たち。

夫はシステムを組み上げるための統括ができるし、事務局はプログラムを書けるし、SEO担当はどんどんその能力を極めていってた。

 

秀逸。

これでWebで勝負しないなら馬鹿だろう。

 

 

「手の内にあるもの」を随時確認しないと先は見えてこない。

遠くに取りにいく習慣は、自分の環境を腐敗させる。

いつも自分の足元から始めよう。

自分の近くにある事柄や人たちに価値を与えるのは自分自身。

見極めが命。

過不足はいつも、自分の中にしかなく、本当は全部揃っている。

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ人におすすめ

今の仕事、向いてないんじゃないかな……。と思った時に知っておきたい才能のこと

成功する女性起業家に共通する大事な6つの要素

何で起業する? 女性が自分らしく働くための起業アイデアの見つけ方

SNSでもご購読できます。