スピリチュアルタイプによる力の使い方の違い

     

スピリチュアルタイプ霊視系と潜在意識系の違い

スピリチュアルタイプには、スピリチュアルな世界からの情報の受け取り方の違いにより、霊視系と潜在意識系に分けられますが、スピリチュアルタイプの違いにより、能力の使い方も異なります。

スピリチュアルタイプ霊視系の力の使い方

スピリチュアルな世界からの情報を受け取る際に、受信機的な能力の使い方をします。

スピリチュアルタイプ潜在意識系の力の使い方

自分の潜在意識を使って情報を取りに行く、情報を使う、情報に働きかけるといった、よりアクティブな使い方をします。

スピリチュアルタイプによる力の使い方の違い

例えば、「除霊」を例に、その違いを比べてみましょう。

霊視系が除霊をする場合

自分の外側にあるスピリチュアルな世界に、幽霊の存在を認識する。

遠方にいる人の除霊を行う場合、意識は自分の肉体にありながら、対象人物の周りのスピリチュアルな世界を眺めている。

そして、除霊=成仏してもらうために、自分のいるところから念を送る。

潜在意識系が除霊する場合

自分の内側にある潜在意識を使って、スピリチュアルな世界にいる幽霊の存在を認識する。

遠方にいる人の除霊を行う場合、意識が対象人物の近くまでいき、そこからスピリチュアルな世界を認識する。

イメージの力によりスピリチュアルな世界に直接作用することで除霊する。例えば、光の縄で縛る、自分についている龍に焼いてもらう等、「時間系の時空」の力を用いて行う。

 

このように、「除霊」という同じ結果を求める場合も、霊視系と潜在意識系ではまったくやり方が異なります。例えて言うならば、霊視系の除霊は「祈祷師」、潜在意識系は「陰陽師」といったところでしょうか。

なお、スピリチュアルタイプは霊視系と潜在意識系に分けられますが、概ねこの2つのタイプどちらも併せ持っていて、どちらに比重が置かれているかにより、扱うスピリチュアル能力の特徴が異なってきます。

この記事を読んだ人におすすめ

スピリチュアル能力タイプを今すぐ簡単診断!
スピリチュアル能力の5つの種類を全解説
スピリチュアルタイプ 霊視系と潜在意識系
スピリチュアルタイプによるスピリチュアルメッセージの受け取り方
スピリチュアル情報ー能力開花・霊・前世・エンパス・ツインソウル

SNSでもご購読できます。