オーラの色・種類による意味とは

     

オーラの種類について

オーラのことは世の中に情報があふれているので、ここでは誰も書いていないオーラの事実をかいてみようと思う。

オーラには確認できているもので

  • 大きさ
  • 強さ
  • 透明度
  • 輝度

などがあり、さらに

  • 左右の違い
  • 均一でない色の表出(マーブルや差し色など)
  • 黒の2タイプ

など、人により見え方感じ方、拾う情報が異なります。

黒いオーラの意味

オーラの色の中で、ちょっと変わっているのが黒いオーラです。

黒いオーラを持つ人は、「富」と関係していて、2つのタイプがあります。

  • 富を生み出す黒オーラ
  • 富をもらう黒オーラ

富を生み出す黒オーラ

知恵と富が直結しているタイプの人に現れる。

富を生み出すために必要なものっは、知識・知恵・お金との縁であると考えますが、これらのうち一つだけでは黒オーラにはなりません。知恵と富がふたつ揃い、なおかつその距離が非常に近い場合に黒オーラは現れます。黒いオーラは、知恵を使って世の中のキャッシュポイントを探している人のオーラです。

 富をもらう黒オーラ

お金のありどころを発見できる人で、それをもらう人に現れる。

富を生み出す黒オーラも、富をもらう黒オーラも、同じように「富」を探していますが、富を作るかもらうかでタイプが全く異なります。

オーラの輝きについて

オーラの中には輝いているオーラがあり、金色や銀色に見えたり、パールのように光っていたりするものがあります。オーラの輝きは、判断基準が自分の中にあり、自分を譲らない人、魂の密度が高い人に現れます。

魂の密度は、顕在意識と潜在意識、それぞれの集中力と関係していますが、色の強さは顕在意識の集中力と、輝きは潜在意識の集中力と関係していると考えられます。

オーラの色が感じられる人の特徴

このようにさまざまなオーラの見え方がありますが、オーラのカラーがはっきりと強めに見える人を魔法学校オリジナルのスピリチュアル能力診断では、カラー系と呼んでいます。

カラー系の人たちはカラーに対して強い感情が乗ります。

例えば、カラー系の人が「あなたのオーラの色は〇色」と言うとき、そこには強烈な嫌悪や好意、恐怖、様々な感情が乗っています。

これは、扁桃体に関与しているのではないかということを念頭に、彼らの話をずっと聞いてきました。

扁桃体の主な役割は命の危険を知らせるというもの。扁桃体には五感を使ってあらゆる情報が仕入れられ、視覚野で認識された色もまた、そこへ運ばれ様々な感情と結びつきます。感情と結びつくことで、例えば、嫌い怖い、は「逃げる」へ、好き、楽しいは「安心」という判断と結びつきます。

オーラと一口に言っても、実は見え方がかなり多様で、透明度しか感じない人もいれば、黒と透明度のみ感じられる人、濃さだけを感じる人など様々です。

色を感じる人たちはその中の一部となります。

扁桃体からやってくる情動は命を守るために働くので、非常に強いシグナルとなって本人の自覚となります。

彼らの中には、色が怖いという感覚が非常に強いために、幼いころにこの色を見ることを避け、能力を閉じたというかたも見受けられます。

扁桃体の働きを抑えるには前頭前野を鍛えることが有効だと考えていますが、スピリチュアル的な話に置き換えると顕在意識の集中力と潜在意識の集中力をあげることでもある程度のコントロールが可能であることが考えられます。

色味を強く感じる方で、色に強い情動が乗る方、さらに反応が「恐怖」寄りの方は、このメカニズムを知っておくといいかもしれません。自分の行動の選択が、危機回避メインにならないよう注意するのが大切です。

この記事を読んだ人におすすめ

スピリチュアル能力タイプを今すぐ簡単診断!
スピリチュアル能力の5つの種類を全解説
スピリチュアル情報ー能力開花・霊・前世・エンパス・ツインソウル

SNSでもご購読できます。