スピリチュアル能力タイプ【時間系・時空】とは

     

時空に作用する力

スピリチュアル能力の時間軸を透視する力である「時間系」のうちの【時間系・時空】は、主に時間系・過去、時間系ナウ(今)とセットで使われる力。

ほかの時間軸に繋がる力は、繋がった時間を視るに留まりますが、時空系の人は魂=意識が、時間と空間を行きつ戻りつしながら、その違う時空に「作用」して「変える」ことができるのが、他の時間系の力と大きく異なる点です。

時空を行き来できる人は、例えば、以下のような働きかけができます。

・前世から現世に引き継いだトラウマの感情との繋がりを断つ

・対象人物の現在の潜在意識に話しかけたり、エネルギーを送ったりすることで、善処するよう働きかける。

・除霊

・守護霊の交代

時空系の力が具体的にどのように発揮されるのか。実際の霊視セッションを紹介します。

ある方を見ていたら、隣に前世のその人が現れ、その前世へと連れて行かれ、亡くなった我が子を抱きしめる姿と、今世のその人の悲しみが突然、繋がりました。

あぁ、この人の胸の悲しみはこの前世の記憶からきていたのか、と分かり、分かったあと、その前世に作用できるのが時空系です。

私はその前世で起きた出来事と、その人の胸の悲しみの繋がりを切るべく頭を働かせます。まるで知恵の輪を解くように「どう作用すればこの悲しみが終わるのか」アプローチを続けます

繋がりが切れると、目の前の人の魂が心地よく浮上し、軽やかになり、顔色も良くなり、何より胸の悲しみが消えていく。その姿を見るのがとても嬉しい。

変な言い方ですが、魂の病の手術をするような感じです。

時空系の力を見分けるポイント

スピリチュアルな物との繋がり方タイプには、霊視系・潜在意識系がありますが、時空系は、霊視系よりも潜在意識系の方がより強く時空に作用できる能力を持っていると考えています。

それは、霊視系は、自分の外側にあるスピリチュアルな世界を視るのに対して、潜在意識系は、自分の中の潜在意識に潜っていくことで、スピリチュアルな世界と繋がるからです。

自分の外側にある世界に働きかけるのと、自分の内側にある世界に働きかけるのとでは、どちらの方が強く働きかけることができるかといえば、自分の内側の世界の方が強く働きかけることができるということは、想像に容易いと思います。

潜在意識系の中でも、時空系の力を発揮できる人は、以下の2つを持ち合わせています。

・意識の集中力が高い

・潜在意識が活性化している

スピリチュアルな世界に作用するときに、意識がココ(肉体)にいたり、あっち(スピリチュアルな世界)にいたりする意識分散が起こると、上手く作用することができません。

また、作用する際に、先述の通り、潜在意識に潜ってその時間を視るため、潜在意識が活性化していると作用が強くなります。

これまで、時空系の人を見極めて、いきなり「除霊」をしてみてもらうと自覚なくてもやってみたらできる場合がほとんどです。

潜在意識系は、霊視系に比べると視えない人が多く、自分のスピリチュアル能力を自覚している人が少ない傾向にあるため、そもそも「時空に作用できる」と思わないのが、時空系の人と出会う機会が少なめとなる理由でしょう。

スピリチュアルなサービスとして、除霊を提供されている方の多くは、霊視系の方のように見受けられますが、霊視系による除霊は、なかなか大変な作業なのだと理解しています。除霊すべき存在が視えてしまうため、除霊する機会が与えられてしまうのですが、霊視系の方の除霊の適性は弱め。

そのため、除霊を行う際は、霊視系の能力がある人に霊視のサポートをしてもらいながら、潜在意識系が時空系の力を用いて除霊するのがベストだと考えます。

この記事を読んだ人におすすめ

・スピリチュアル能力タイプを今すぐ簡単診断!
スピリチュアル能力の五つの種類を全解説
スピリチュアル能力タイプ【時間系・過去】とは
スピリチュアル能力タイプ【時間系・ナウ】とは
・スピリチュアル能力タイプ【時間系・未来】とは
・スピリチュアル情報ー能力開花・霊・前世・エンパス・ツインソウル

SNSでもご購読できます。