アカシックレコードリーダーの性格的特徴

     
まだまだスピ開花などと無縁だったころ、よくアカシックレコードに行ってました。図書館みたいなとこですが、私が行ってたのは人の歴史が見れる場所です。
 
見れる、というのは、文字通り見れます。本が置いてあるんですよ。本をおでこにあてると、物語が見れるんですね。不思議でしょ?(≧∀≦)
それはさておき、最近気がついたんですが、私が提唱するスピリチュアル能力タイプの中でも、私が【ノウハウ系】と呼んでいる人たちは、おそらくアカシックレコードリーダーの素養を持っています。
教えられたり、特訓されなくてもアカシックレコードにタッチできる類のひとたち。生まれた時から、その存在の気配を感じている人たちのことです。
 
詳しくはこちらの動画をどうぞ
 
私、たぶんそれなんですけど、この手の似た類の人たちを見てたんです、しばらく。この場合、あれこれはしょって結論だけ言いますと、欲深いと情報がひん曲がります。私も自分ですごく気をつけているところです。それから、外の情報に対して侮ったり、ちゃんと聞こうとする態度が激減すると嫌われますのでご注意ください。
 
これ本人が気をつけるとこで、周りの人たちは、この手の人たちのうまい使い方を知っとくと便利ですよ。とにかく質問です。そのときに本人が知らないことでも、質問されればどんどん確信的に答える、という習性があります。
 
まわりにいたら、うまいこと質問してみてね。
ちなみに、答え出すとしつこいことがあるので時間があるときに聞いてみてください。
 
この記事を読んだ人におすすめ

スピリチュアル能力タイプを今すぐ簡単診断!

SNSでもご購読できます。