輪廻転生でソウルメイトと出会う意味

     

輪廻転生におけるソウルメイトの意味

 

ソウルメイトとは?

魂の成長を目指して、まるで修行のように繰り返される輪廻転生。
>>関連記事:輪廻転生の意味とは?実例とともに解説

輪廻転生を繰り返す中で、私たちが前に進むとご褒美のように与えられる「出会い」が待っています。

あなたの魂が輪廻転生しながら抱えてきた感情にまっすぐに向き合うと、何度も一緒に生きた近しい魂と出会い、その度にホッとしたり、喜びを分け合ったりしながら生きていけます。

この近しい魂が、ソウルメイトです。

※魂の片割れであるツインソウルのことをソウルメイトと称する場合もあるようですが、当サイトでは、自分の魂を分け合った唯一無二の相手をツインソウル、前世から何度の縁のある人たちをソウルメイトと呼びます。

▼輪廻転生の実話が詰まったコンテンツ▼

輪廻転生する理由、ソウルメイトとの出会い

輪廻転生する理由のひとつが、このソウルメイトとの出会いです。

輪廻転生と言えば、カルマを克服とか前世で犯した罪を償うとか、恐ろしいことが書かれているものもたくさんありますが、前世を辿ると、そこにはソウルメイトとの信頼や愛情の歴史が必ず眠っています。

ソウルメイトとの出会いが輪廻転生する理由の一つであるのは、ソウルメイトは私たちが魂の道を前進していくのを助けてくれる存在だからです。

ソウルメイトは私たちの魂の道を前進するために、人生に二つのことをもたらしてくれます。

一つは、輪廻転生で魂が抱えてきた感情の記憶と向き合う機会。
そしてもう一つは、魂がこの人生で進むべき方向へ進んでいっているという証明です。

輪廻転生で抱えた感情とソウルメイトの関係

とある母親が、前世で幼い我が子を失ったとします。愛していた感情、失った感情、様々なその時の感情を魂が記憶しています。

>>輪廻転生を超えて引き継がれる感情については『 輪廻転生の意味とは?実例とともに解説

そのような別れをした我が子が、今世で再び同じ母親の元に帰ってきたという物語は、前世を読み解くとよく目にします。このとき、我が子は母親にとってのソウルメイトです。

今世で親子をやり直しするのですが、この時にお母さんの胸には、理由はわからないけど「この子が大人になる姿を想像できない」とか、「3人姉妹なのに上の子だけどうしても心配してしまう」とか、漠然とした感情が宿っていることがあります。この理由が分からない感情は前世で死に別れた時の感情が発生源となっています。

ソウルメイトである我が子と今世で再会できた喜びから始まり、共に生きながら失った時の感情も克服する機会を得るわけです。そして感情を克服したときに、魂が一歩前へ前進することができます。ソウルメイトと出会い、あなたの魂が輪廻転生で抱えてきた感情と向き合うことから逃げ出さず、真摯に向き合うたびに、ご褒美のように次のソウルメイトとの出会いが待っているのです。

そのようにしてソウルメイトとの出会いが、あなたが生きる意味を知るための力となってくれます。

輪廻転生で出会うソウルメイトが教えてくれること

ソウルメイトはいわばあなたの人生の分岐点にある灯台のような存在です。

人生を航海に例えてみると、どちらへ進むのか、たどり着いたところで何をすればいいのか、その答えは船を操縦する自分にしかわからないわけですが、魂の進むべき方向へ進んで行けた時、その先に待っていてくれるのがソウルメイトです。ソウルメイトと出会えたならば、魂が進むべき道に進むことができたという証となるわけです。

彼らがあなたの人生の分岐点にある灯台のような存在であるように、あなたが出会ったソウルメイトにとっては、あなたが彼らの灯台となります。

そのためソウルメイトとの出会いの特徴は、人生の航路が魂の課題と一致しているときと言えるでしょう。

人生でたくさんのソウルメイトと会うことができたならば、何千年も前から続く魂の道をあなたの魂は着実に歩んでいるということです。

輪廻転生の中でソウルメイトがもたらす生きる意味

私たちは輪廻転生の中で、ソウルメイトと再会するために生まれる、そしてソウルメイトの存在の意味は、魂が記憶している感情を今世のあなたにもたらすという点で生きる意味であるとも言えるでしょう。

なぜなら、この世に生を受けあの世に還るまで、私たちは感情と絶えず向き合うことで、魂の道を前進することができるからです。

 

 

◆関連記事◆
スピリチュアル情報ー能力開花・霊・前世・エンパス・ツインソウル
魂の片割れ ツインソウルとは?特徴や出会い、分離期間、霊的覚醒について
輪廻転生の意味とは?実例とともに解説


SNSでもご購読できます。