あなたは何タイプ?他人がストレスになる4つの原因と対処法

     

 

「他人といると、なんだかストレスを感じてしまう」

そんな風に、他人にストレスを感じる人は、案外多いようです。逆に、現代社会では他人にストレスを全く感じない人は珍いしれませんね。

他人にストレスを感じる理由は人により様々ですが、ストレスの原因はおおむね以下の2つに当てはまることが多いようです。

・他人にイライラする

・他人に気を使い過ぎる

さらに、イライラがストレスの原因の人は、正義感タイプと世捨て人タイプ、他人に気を使い過ぎることがストレスの原因である人は、いい子タイプと道化タイプに分けて考えることができます。

それぞれのタイプ別にさらに詳細なストレスの原因とその対処法について紹介します。

他人にイライラしてストレスを感じる

他人の行動が勘に触って、イライラしてしまうことが多い人には、正義感タイプと世捨て人タイプがいます。

正義感タイプの<他人がストレスになる原因>

このタイプの人は、自分が正しいと思っていることに対して信念が強く、その正しさを基準に他人をジャッジしてしまいがちです。

「あんな事を言うなんて、信じられない」

→あんなことは言わないのが正しい。

「そんなやり方じゃ、効率が悪いのに」

→相手のやり方ではなく、自分のやり方が正しい。

「あんな事をするなんて、非常識だ」

→あんな事はしないのが、常識で正しい

こんな風に、正義感タイプの人は、自分の価値観における正しさを、常に周りに求めています。しかし、社会には様々な価値観が存在しますから、互いの価値観の違いを受け入れられず「自分の正しさ」を追求しすぎると、自分の周りに“正しくないこと”をたくさん生み出してしまいます。

そして、正義感タイプは、正しくないことに対して怒りを感じ、罰を与えたくなる傾向にあるため、他人といるとイライラしてストレスを感じるようになります。

正義感タイプがストレスを減らすには

正義感タイプの人は、いつもイライラする対象を無自覚に探しているという特徴があります。

そんな正義感タイプのストレスを減らすには、怒りの原点に戻ること。

今、イライラしていることを、いくつか書き出してみます。。

例えば、

・通勤電車のなかで、携帯電話で話している人がいた

・同僚が、ランチタイムを10分過ぎて職場に戻ってきた

・先輩が、毎日提出しなければならない日報を1週間分まとめて提出した

イライラしたことを書き出してみると、そこに何か共通点が見つかるはずです。

上記の例で言うと、共通点は「ルールを守らないこと」。

このようにして共通点が見つかったら、いつからそのことに腹を立ててるか思い出してみます。

自分がルールを守らなかったことを先生にひどく咎められたことがあり、それ以来、自分にとってルールを守ることは絶対。ルールを守らない人に対して怒りを感じていた、ということに気が付くことができます。

こんな風に記憶を遡ることで、自分が怒っている対象が何かを明確にしていくことができます。実は、怒りの下には、悲しいとか寂しいとか別の感情が隠れていることがほとんどなのですが、この記憶を遡る作業を繰り返していくと、だんだんとその怒り下に隠れている感情が発生した原点に近づいていくことができます。

イライラすることがあったら、その都度メモに残し、怒りの下に隠された感情の原点に出来る限り戻ること。

怒りに隠された感情にアプローチしないと、イライラの対象範囲はどんどん拡がっていきます。

関連記事:職場でイライラしやすい人が、怒りをコントロールするために知っておきたいこと

世捨て人タイプの<他人がストレスになる原因>

「私のことを本当に分かってくれる人なんていないんだ」

そんな風に、他人には「自分を理解してもらえない」と他人に対して諦め感が強いのが、世捨て人タイプの人です。

世捨て人タイプは、自分は他人とは違う特別な存在だから「理解できるはずがない」と、自ら他人との線引きし、孤高の自分となっています。

そして、自分が持っている感性をとても大切にしているため、他人に自分の世界観を否定されたくないという強い思いがあります。

しかしその一方で、誰かと深く理解し合いたいという願いも持っています。けれど、世捨て人タイプは、人とのつながり方を知らないため、誰かと深く理解し合うことが難しく、その願いが叶えられないために、他人に対してイライラしてストレスを感じてしまうのです。

世捨て人タイプがストレスを減らすには

世捨て人タイプの人は、一人の時間を持つことがとても大切です。

毎日、少しの時間でいいので、自分だけになる時間を持つことがおすすめです。その時に、できるだけ頭のなかでいろいろなことを考えず、美しいものに触れるとなおいいです。

世捨て人タイプは、自分自身と強く繋がることで、自分の世界観を守っています。

そのため、自分自身のことはよく分かっている一方で、他人との健全なつながり方が分かりません。

他人と一緒にいると、イライラしてつい注意したくなる傾向にあるため、自分ひとりだけの時間を持ち、イライラの原因と切り離されることで、ストレスが解消されていきます。

また、自分の時間を持ち休みながら、人との関わりを諦めないことが大事です。

その上で大切なことは、あなたに負担を感じさせることなく、そばで穏やかに寄り添ってくれる人へ目を向けることを意識してみてください。

また、世捨て人タイプは、純粋なところがあるため、うまく褒めてくれる人に心を持っていかれやすいことを自覚しましょう。寄り添う人物を間違えなければ穏やかに暮らせると思います。

次ページは:他人に気を使い過ぎてストレスになる

スポンサーリンク

1 2

SNSでもご購読できます。