怖いママ友に目をつけられた!|子供の習い事でのママ友トラブル体験談

     

 

ママ友と関係を持つ場所は、保育園・幼稚園、学校だけでなく、子供の習い事でもママ友ができる場合がありますよね。

習い事によっては、子ども同士の優劣を気にするママもいたりして、めんどくさいことが起きがちです。

今回は、そんな子供の習い事で起きたママ友トラブルを紹介します。

不運にも、怖いママ友と遭遇…

(40代 パート)

娘が小学生だった時に所属していたバスケチームで起きたママ友トラブルです。

 チームに参加した当初は、親も含めてみんなで楽しくやっていたのですが、ある時Aさんというちょっと厄介な親子が入ってきました。

 Aさんは、いち保護者であるにもかかわらず、子供の欠点や正確のことまで指摘するようになり、試合のメンバー選びにまで口をはさむようになったんです。

 「根性の悪いやつは、試合にだすな」と言ったりして。

 娘は、Aさんの娘さんに好かれていたんですが、Aさんの娘さんは、仲良くなりたい子にたたいたりつねったりして、意地悪するタイプでした。

 娘はその子のことを嫌っていたので相手にしないでいたら、Aさんがコーチに告げ口して、娘はレギュラーを外されてしまったんです。

 Aさんはその後も、周りの親やコーチを味方につけて、娘ひとりだけを悪者に仕立てようとしてきました。

 最後には見かねて、他の保護者が私とAさんの話し合いの場を設けてくれたのですが、Aさんは「やめたきゃさっさとやめろ」と言って、全く考えを変えることはしませんでした。

 娘は続けたがっていましたが、結局、そんなAさんとの付き合いに疲れ果ててしまって、チームを辞めさせました。

 

スポンサーリンク

 

怖いママ友とのトラブルは、逃げるが勝ち!

ママ友トラブルの相手、Aさんは、子宮ちゃんのようですね。

自分の縄張りとなるバスケのチームで、一番権力を持っているコーチと仲良くなり、コーチの権力を使って、縄張りで主導権を握り君臨しようとする。

これは、典型的な子宮ちゃんの戦略です。

結論を先に言うと、このタイプの子宮ちゃんと遭遇してしまったら、逃げるが勝ちです。

お子さんはチームを辞めたくなかったということなので、お子さんにとっては、ちょっとかわいそうな結果になってしまったかもしれませんが、チームを辞めて正解だったと思います。

なぜならAさんは、すでにコーチを自分サイドに取り込んでいます。

コーチが男性であるならば、コーチにいくら話をしてもAさんの口車にうまいこと乗せられている可能性が高いので、コーチを自分の味方につけるのは難しかっただろうと想像できます。

加えてこのAさん、かなり攻撃的な子宮ちゃんですよね。

おそらく、子宮ちゃんタイプは“女ヤクザ”です。

根っからの戦い好きなので、争うつもりがなければ、逃げるが勝ち。

今後、また同じような怖いママ友とのトラブルを避けるためにも、“ヤクザ”子宮ちゃんの行動パターンや特徴を把握しておくことをおすすめします。

>> 男絡みで揉めると怖い。“女ヤクザ”子宮ちゃん徹底解説

 

【女子の人間関係白書】女の世界での上手な付き合い方とは
この記事を読んだ人におすすめ

【マンガ】”修行僧”オス化さんVS”神”子宮ちゃんあるあるトラブル

女子の人間関係トラブルエピソード集|ママ友編

SNSでもご購読できます。