思わせぶりな態度で周りを振り回す女“巫女”子宮ちゃんの心理や特徴・対処法は?

     

 

“巫女”子宮ちゃんが、振り回す女になった理由

母親が送ってきた平凡な人生を強く否定するところから、“巫女”子宮ちゃんとしての人生が始まっています。

“巫女”子宮ちゃんは、母親に優れた点がなく平凡であったから、父親に大切にされず、惨めな生活を送る羽目になったと信じています。

母親が嫌いなわけではないですが「お母さんのような平凡な人になりたくない」という思いが強く、社会で認められるような理想的な人間でありたいという願いが“巫女”子宮ちゃんの深層心理にあるんです。

けれど、自分が思い描いているような理想的な人間になることがなかなか叶わないません。そこで、せめて模範的ないい人として振舞うことで、周りから褒められたり、サポートを受ける術を身につけてきました。

小さなころから理想の自分として振舞ってきたことで、本来の自分の姿と徐々にかけ離れていき、“巫女”子宮ちゃんはだんだんと自分の本当の気持ちが分からなくなってしまいました。

自分の本当の気持ちが分からないから、言っていることとやっていることのちぐはぐが生まれてしまい、周りを振り回すようになってしまったんですね。

“巫女”子宮ちゃんだってつらいんです

小さなころから、本来の自分から遠く離れた「理想的な自分像」として振舞ってきた“巫女”子宮ちゃん。

手に入れたい理想の自分にはなれなかったため、心の奥に怒りや葛藤が渦巻いていて、本人にも原因が分からないフラストレーションを抱えていることも。

また、長期にわたり本来の自分から遠ざかって生きてきた結果、自分で自分のことがよく分からなくなってしまっています。

何をしたいのか、何が好きなのか嫌いなのか、自分で自分のことが分からない状態が長く続いているため、なかなかそこから抜け出すことができずに苦しい思いをしています。

 

スポンサーリンク

 

周りを振り回す女“巫女”子宮ちゃんの対処法

自分の希望や願いを何気なく口に出す習慣があり、言ったことをあまり覚えていないのが“巫女”子宮ちゃんです。

相手が“巫女”子宮ちゃんの場合は、希望や願いを鵜呑みにせずに「本当にそう思って口に出しているのか」を慎重に見極める必要があります。

“巫女”子宮ちゃんの本心かどうかを見極めるポイントは3つ。

1.大義名分や模範的な発言である

2.発言に行動が伴っていない

3.本人が言ったことを覚えていなそう、もしくは言ったと自覚していない

この3つが揃っていたら、本心ではない、理想の自分像からの発言である可能性が高いです。

もし、“巫女”子宮ちゃんの言葉を言葉通りに受け取ってサポートした場合「なぜ、そんなに私のためにしてくれるんだろう。親切な人だな」と、まるで他人事のように思われてしまうなど、周りの苦労は徒労に終わることも。

人が思わず納得してしまうような模範的な発言で周りの信頼を得て、何か事を成そうとしますが、“巫女”子宮ちゃんを信じてサポートを買ってでると、結局自分が全部してあげる羽目になってしまいます。

やる気を示しても実際には行動しないことがよくあるため「言ったのにやらない」という兆候が見られたら、大事な仕事を任せない、サポートしないことが、“巫女”子宮ちゃんに振り回されないためのコツです。

(監修:谷口スズ)

 

この記事を読んだ人におすすめ

めんどくさい女子につかまりやすいなら、あなたはオス化女子かも?【オス化女子タイプ診断】
「働く女性はオス化する」の間違い。なぜ女性はオス化するのか
甘えられない頑張り女子なあなたは、オス化かも?!

1 2

SNSでもご購読できます。