なぜ女性が多い職場は、人間関係のトラブルが起きやすいのか

     

 

女性が多い職場では、人間関係が難しい、疲れる、働きづらいと言った言葉が聞かれますが、なぜ、女性が多いと職場の人間関係に疲れやすいのでしょう。

女性同士の人間関係が難しい理由について、女性特有の行動パターンから解説します。

女性同士の人間関係が難しい理由

女性は大別すると、しっかり者で頑張り屋のオス化さんと、甘えん坊で人に頼って生きる子宮ちゃん、オス化女子でも子宮ちゃんでもない真ん中女子の3パターンに分けられます。

オス化女子とは、自分の中にある女性性を否定しているために、いわゆる「女らしさ」と反対の振る舞いをしてしまう女性のこと。

一方の子宮ちゃんは、女性性を世渡りのためのツールとして使っている女性のことです。

オス化女子も子宮ちゃんも、女性性のあり方がちょっと歪んだ状態で大人になっています。

そして、自分の中の女性性を自然と受け入れ、本来の役割を果たしている状態にあるのが真ん中女子です。

実はこの「女性性のあり方」が、女性同士の人間関係に大きく関係しているんですね。

人間関係のトラブルが起きやすいオス化女子と子宮ちゃん

オス化女子、子宮ちゃん、真ん中女子の中で、人間関係のトラブルが起きやすいのは、オス化女子と子宮ちゃん。

オス化女子は女性性を否定していることで、周りに自分の存在を認めてもらうために、過度に貢献してしまいます。

子宮ちゃんは、女性性をツールとして扱い、自分が一番かわいがられるために周りをコントロールしようとします。

オス化女子も子宮ちゃんも、歪んだ女性性のあり方が原因で、女性同士の人間関係においてコミュニケーション不全を起こしてしまいます。

強弱はあるものの、多くの女性が、オス化女子か子宮ちゃんのどちらかに属しているので、女性が多い職場では、人間関係のトラブルが発生しやすいんですね。

とりわけ、オス化女子と子宮ちゃんの関係性には、関係がこじれるある特定のパターンがあります。

人の役に立ちたいオス化女子と、人に甘えて何とかしてもらいたい子宮ちゃんは、無意識に引き寄せ合い、必ずと言っていいほど依存関係に陥ってしまうんです。

それはまるで、磁石のマイナスとプラスが、引き離そうとしてもくっついてしまう状態ととても良く似ています。

【女子の人間関係白書】女の世界での上手な付き合い方とは

頑張り屋のオス化女子とは

オス化女子は、生まれた時からオス化女子だったわけではありません。

オス化女子になった原因

オス化女子になった原因は、幼いころの両親との関係性にあります。

父親と母親の夫婦仲があまりよくなく、「悲しくて寂しいお母さん」に育てられたことがきっかけとなっているんです。

お母さんが父親から虐げられている様子を見て「お母さんを守りたい」「お母さんの望むことをしてあげたい」という気持ちが幼いころに芽生えました。

小さな子供にとって、母親はシンボルとしての女性像です。

母親を守る=女性を守るという考えを持つようになると、家庭内での女性の立場の弱さや、母親になると家庭に縛られるということを意識せざるを得ない状態になります。

例えば、力が弱いから父親に逆らえないとか、子供がいるから理不尽な立場でも逃げられないなどの、女であるから不利であることにばかり目が行くようになるんですね。

すると、女性であることに対する否定的な感情が、無自覚のまま育っていきます。

オス化女子は、こうして子供のときから、自分の中にある女性性を否定するようになってしまったんです。

オス化女子の特徴

・正義感が強い
・貢献心が強い
・焦燥感が強い
・向上心がある
・甘えるのが下手
・休み方、力の抜き方が分からない
・内心はへとへとに疲れている

甘えん坊の子宮ちゃんとは

子宮ちゃんも、オス化女子と同様に、生まれた時から子宮ちゃんだったわけではありません。

子宮ちゃんになった原因

子宮ちゃんには2つの生い立ちのパターンがあります。一つ目は、母親がとても優秀、もしくは女性らしく、父親に寵愛されていたパターン。この場合は、父親の愛情が欲しくて、無意識に母親に対抗心を燃やしてしまうことで女性性を強化していきます。(※父親が暴君の場合は、父親の愛情を欲するよりも、母親を守りたい気持ちの方が強いため、オス化します)

もう一つのパターンは、母親が、母親スイッチが入らず、娘を女性としてライバル視していたパターン。この場合、子宮ちゃんも母親に対して女性としての対抗心を持ってしまい女性性を強化していきます。

子宮ちゃんの特徴

・甘えるのが上手
・感情的になりやすい
・縄張り意識が強い
・人の注意を引くのが上手
・独占欲が強い
・物事の判断が危うい
・甘えん坊の女性が嫌い

スポンサーリンク

職場で起きる女性同士のトラブル

女性が多い会社では、オス化女子と子宮ちゃんを中心に人間関係のもつれが生まれる傾向にあります。

特に子宮ちゃんがトラブルメーカー。

被害者意識が強く、無意識に「かわいそうな私」を周囲にアピールし、職場の人たちから守ってあげたい気持ちや、好意、注意を集めています。

その結果、子宮ちゃんに対する加害者が作り上げられてしまうため、子宮ちゃんを軸に職場の人間関係が割れる傾向にあります。

オス化女子と子宮ちゃんの共依存

子宮ちゃんは、いつも誰かに構ってほしいと思っているため、周りで構ってくれそうな人を探しています。

一方で、誰かを助けることで自分の存在意義を確認しているオス化女子は、助けられる人を無意識に探しています。

オス化女子と子宮ちゃんは、無意識における需要と供給がマッチし、気づくとお互いに依存し合っている状態に陥りがちです。

オス化女子と子宮ちゃんは、最初は仲が良く関係性も良好ですが、徐々にその関係性に亀裂が入り始め、最後は派手に決裂します。決裂する理由は、お互いの目的意識のズレにあります。

与えたい、助けたいオス化女子は、子宮ちゃんの相談事を親身になって解決しようとします。しかし子宮ちゃんは、相談はするけれど解決する意思がなく、オス化女子はそんな子宮ちゃんにだんだんと違和感を感じ始めるからです。

子宮ちゃんが、オス化女子に相談するのは「構って欲しい」からであって、問題を解決したいわけではないため、お互いの中で目的にズレが生じてしまうんです。

また、子宮ちゃんは、本来なら女性が男性に求めることを、オス化女子に求めるため、オス化女子はだんだんと子宮ちゃんから頼りにされることに疲弊していきます。

オス化女子は、相手のために尽くすことで、無意識に自分の存在意義を見出しているんですが、本当はへとへとなので、子宮ちゃんの際限のない依存に疲れを感じ始めてしまうからです。

一方で子宮ちゃんは、まるで彼氏が相手をしてくれないことに不満を持つように、オス化さんに不満を持ってしまうんです。

ここで厄介なのが、子宮ちゃんは被害者意識が強いため、オス化女子と上手くいかなくなってくると、周りの人たちにオス化女子の不満を言い始めること。

人の気を引くことが上手な子宮ちゃんは、「かわいそうな自分」をアピールすることで周りに味方を増やしていき、オス化女子を孤立させてしまいます。

子宮ちゃんと子宮ちゃんの対立

子宮ちゃんは、子宮ちゃんを嫌うという特徴があります。なぜなら、子宮ちゃんは縄張り意識が強く、自分の縄張りの中で一番可愛がられたいから。

同じ目的を持った子宮ちゃんが自分の縄張りにやってくると、必然的に対立が生まれます。子宮ちゃん同士の対立の場合は、攻撃力が強い子宮ちゃんが、弱い子宮ちゃんをいじめの対象にする傾向にあります。

周りを味方につけて仲間外れにしたり、職場の上司や先輩など上の立場の人に対立している子宮ちゃんの陰口を言うなどして、縄張りの中での「一番可愛がられる」立場を守ります。

オス化女子は、子宮ちゃんと子宮ちゃんの対立に巻き込まれやすいので注意が必要です。

トラブルに巻き込まれにくい真ん中女子

女同士の人間関係において、トラブルに巻き込まれやすいオス化女子と子宮ちゃん。

一方で、真ん中女子は人間関係のトラブルに巻き込まれにくいと言えるでしょう。

なぜなら、真ん中女性は、女性性が健全で自尊心がしっかりしているため、子宮ちゃんの不健全な要求に違和感を感じることができるからです。

女性が多い職場の人間関係で気を付けること

女性が多い職場では、子宮ちゃんがトラブルメーカーとなり人間関係のトラブルが発生しいやすいため、予め子宮ちゃん対策を知っておくことで、めんどくさいことを避けることができます。

オス化女子が、子宮ちゃんと共依存関係にならないために

オス化女子は、まず誰が子宮ちゃんなのかを把握することが最も大切です。

子宮ちゃんの判別の仕方については、『女同士のめんどくさい人間関係から卒業するには?』で詳しく紹介しています。

相手が子宮ちゃんだと分かったら、次のことを意識してみてください。

・特別扱いしない

・親密になりすぎないよう、距離を保つ

・願いをきかない

・弱いところを見せてきても、毅然とした態度を取る

子宮ちゃんVS子宮ちゃんの争いに巻き込まれないために

子宮ちゃん同士が対立し縄張り争いをしているとき、周りの人をいかに自分側に付かせるか、ということに全エネルギーをかけています。

そのため、巧妙な嘘を交えてでもオス化さんを自分の味方につけようとしてくるので、子宮ちゃんの愚痴や相談事に対して、乗っからないことが肝心です。

子宮ちゃんに頼られる存在になった時点で、トラブルに巻き込まれる可能性が高まるからです。

子宮ちゃんから相談されたら、特別扱いしない、言葉をうのみにしない、挑発に乗らないことが、適切な距離感を保つために有効です。

 

女性が多い職場で人間関係のトラブルに巻き込まれない一番の方法は、女性性を否定もせず、ツールとしても扱わない「真ん中の女性」になること。

けれど、幼少期からの染みついた行動パターンをやめることは簡単ではないため、まずは自分がどちらかに偏っていることを自覚し、トラブルの原因となり得ることを回避できるよう対策してみてください。

(監修:谷口スズ)

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ人におすすめ

職場のストレスから解放されたい!ストレスの3つの原因とは?

職場の人間関係がストレス!悩み別の改善法について

職場の人間関係のストレス|女性同士で起きやすい共依存とは?

【4コマ】オス化図鑑・共依存編 もくじ

女子グループがめんどくさい!その心理と対処法を女性心理の専門家が解説

SNSでもご購読できます。