感受性・共感力が強すぎて辛い。そんなあなたは、HSPやエンパスかも?

     

感受性、共感力が強い・敏感すぎる人 HSPやエンパスかも?

感受性や共感力が強い・敏感すぎるために、親子関係に問題が発生してしまったり、社会において対人関係でストレスを感じてしまい、長期間にわたり苦しみを抱えている人は、たくさん存在します。

そうした「感受性が強い」人たちは、「HSP(Highly Sensitive Person)=高度に感受性が強い人」という特性であるということが、最近、注目を浴びているのをご存知ですか?また、同じく感受性が強く、敏感な人の中には、エンパス=共感力能力が強い人も混在します。

HSPとエンパスの特徴や違いについて紹介します。

HSPについて 原因・特徴

HSPは、病気や機能的な障がいではありません。生まれ持った性質、遺伝的な脳の特性であり、HSPについて研究をしている心理学者のエレイン・アーロン博士によると、全人口の15~20%の割合を占めるそうです。つまり、少数派ではありますが、4~5人に一人の割合で、HSPの人は存在するのです。

HSPの主な特徴として

  • 視覚、聴覚、嗅覚、触覚に対する強い刺激が苦手。

  • 他人の気持ちに左右されやすい。

  • 短時間に多くのことをこなそうとすると混乱してしまう。

  • 忙しい日が続くと、自分が落ち着ける空間で一人になる時間が欲しくなる。

  • 五感が敏感で、繊細な香りや味・音・芸術作品を楽しむことができる。

  • 子供のころに、親や周りの大人に「繊細」「内気」だと言われたことがある。

などが挙げられます。

エンパスについて

エンパスは、empathy(共感)の能力のことで、高い共感力のことです。これは、単純に「感受性が強いから共感できる」ということだけではなく、その共感力は、第六感的な、つまりスピリチュアル能力と関連しています。

 

「感受性が強い」「敏感すぎる」などの特徴が類似していることから、HSPとエンパスは混同されがちですが、HSPが心理的な遺伝的特性であるなら、エンパスはスピリチュアル的な共感能力をさします。

 

【エンパスの主な特徴】

  • 他人の気持ちを自分の気持ちのように感じてしまう。

  • 他人の気持ちや考えを察してしまう。

  • 体調の悪い人と一緒にいると、具合が悪くなってしまう。

  • 人混みにいると、ひどく疲れてしまう

  • 他人の気持ちに左右されやすい

  • 場の雰囲気に影響を受けやすい

エンパスの人は悪いものをもらいやすい

エンパスの人は、その共感力の高さから、周りのエネルギーに左右されやすいという特徴があり、いわゆる「悪いもの」をもらいやすい傾向にあります。

友人の愚痴を聞いていたら、気分が悪くなってくる。

ネガティブなエネルギーが強い場所にいると、調子が悪い。

テレビなどで残酷なニュースを見ているだけで、辛くなる。

そんな経験はありませんか?

 

もし、エンパスの人がカウンセラーやセラピストなどのお仕事をする場合は、クライアントから「もらっちゃう」ということに陥りがちです。

それでは、「悪いものをもらっちゃう」ことを防ぐには、どうしたらいいのでしょうか?

エンパスの人が他人からもらっちゃうのを防ぐ方法

エンパス

あるカウンセラーは、エンパスのためにカウンセリングセッションで「もらっちゃう」ことが良く起き、そのため疲れやすくて大変な思いをしていました。しかし、他人の感情からもらわなくなるための防御を取り入れたところ、もらうことが激減しました。

そのエンパスの防御法とは「共感しない」こと

つまり、エンパス(共感力)を意図的にオフにするということです。

エンパスをオフにするためのトレーニング

他人の感情と自分の感情を強く意識して切り離す。

まず、感情がやってきたら、相手の感情なのか、自分自身から沸き起こっている感情なのかを判断します。エンパスの人はこの判断をする前に、相手の感情も自分の感情と勘違いしてしまうからです。そして、やってきた感情が相手の感情であると判断出来たら、「これは自分の感情ではない」と強く意識し、自分の感情と切り離します。

自分の独自の感情を持つことを強く意識する。

他人の感情を感じずに認める。

相手の立場に立って同じように感じたり、考えたりするのが癖になっています。しかし、共感力が強いということは、自然と相手の感情が入ってきてしまうのですから、さらに意図して、相手の立場に立つ必要はありません。「悲しいんだなー」「怒ってるんだなー」というように、ぼんやりと景色を眺めるように、相手のことを観察します。

他人を助けてあげよう、何とかしてあげようと思わない。

エンパスの人は共感力の高さから、周りの人から相談を受けやすい傾向にあります。相談をされると助けてあげたくなりますが、最終的にその人を助けられるのは、その人自身だけ。あなたが問題を”完全に解決してあげる”ことはできない、という自覚を持ち、相手から何かを求められている場合は、ヒントを提示するだけに留めます。

罪悪感を持たない。

エンパスの人は、他人の苦しみが人よりも分かってしまうため「苦しいのが分かっているのに助けてあげられない」という罪悪感を持ちやすいです。けれど、他人の苦しみは、その人自身が抱えている荷物。あえて他人の荷物を背負う必要はありません。

以上のことを日々意識して訓練することで、ディフェンス力が強まり、エンパスをオフにすることができるようになっていきます。

エンパスの人の能力の活かし方

防御力を高め、エンパスによる負担を減らすことができるようになってきたら、次はその能力を、日常生活や仕事に活かすこともできるようになってきます。

エンパスを日常的に活用する具体例を紹介します。

場のエネルギーを感じられるので、引っ越しの時などに、良いエネルギーが流れている物件を見つけることができる。

場や人のエネルギーを感じられるので、自分にとって良くないエネルギーを避けることができる。

ペットの気持ちがわかり、コミュニケーションが楽しくなる。

植物の気持ちがわかり、ガーデニングや家庭菜園を人と違った楽しみ方ができる。

他人の気持ちが手に取るように分かるので、カウンセラーや占い師に向いている。

本人が気づいていない身体の不調も感じることができるので、身体の不調を癒すセラピストに向いている。

同じエンパスの人でも、人それぞれ得意分野があります。例えば、「人の気持ちよりも、動物の気持ちの方がわかる。」「人よりも場のエネルギーを感じやすい」など。そのため、エンパスの人すべてに、上記に挙げた例すべてが当てはまるわけではありません。自分のエンパスがどの分野が得意なのかに注目して、あなたなりのエンパスの活かし方を見つけて楽しんでみてください。

エンパスを日常生活だけでなく、カウンセラーやセラピストなどの職業として活かす場合は、特に防御力を高めたり、もらってしまった悪いものを放出する術を身に付けることが、とても大切になってきます。

親がエンパスだと子どももエンパス?

HSPが遺伝性であると同様に、エンパスや霊的な能力も遺伝性を持っています。

ということは、あなたがエンパスであるならば、あなたの子どももまたエンパスである可能性があるということです。

【エンパスな子どもの特徴の一例】

自分の気持ちがハッキリ言えない。
人の気持ちを察しすぎてしまうため、自分の気持ちが言えない場合があります。

特定の場所に行ったり、特定の物に接すると、理由はわからないけれど、異常に怖がる。
その場所や物から発する良くないエネルギーを感じているのかもしれません。

お友達の合う、合わないがハッキリしすぎている。

自己主張があまりなく、周りに合わせてばかりいる。
他人の気持ちを自分の気持ちを混同しやすいので、自分の気持ちがわからなくなっているのかもしれません。

幼稚園や学校などの集団生活に疲れやすい。
幼稚園、学校に普段は楽しく通っていても、時々「行きたくない」気持ちになり、お疲れ休みが必要。

上記に当てはまるからといって、必ずしもエンパスであるわけではありませんが、「エンパスかも?」と思って接してあげると、エンパスの場合もエンパスでない場合も、お子さんが楽に過ごせるようになると思います。

エンパスの人が楽になるために

エンパスの共感力は、生まれ持った特性ではありますが、エンパスの能力を無意識に使わないようにすれば、エンパスによるダメージから自分を守ることができます。

具体的な方法については、<エンパスの人が他人からもらっちゃうのを防ぐ方法>でも紹介しましたが、まずはエンパスについての理解を深め、自分がエンパスの能力により、どんなことを感じ取っているのか、自分の感受性について自覚をすることが大切です。

この記事を読んだ人におすすめ

感受性が強すぎて辛い エンパスに最も大切なこと
共感力が高いエンパスが疲れやすい、辛い、その理由とは?リアル特徴20選!
共感力が強いエンパスが恋愛で注意したいこと
エンパスの人の親子関係に起こりやすいこと

SNSでもご購読できます。