エンパスの共感力は、スピリチュアルな能力の一つです

     

エンパスは、スピリチュアルな能力

 

言葉にならない“人の気持ち”や“思考”が読めてしまう。

自分以外のエネルギーに同調しやすい。

このような共感力がとても高い人たちのことをエンパスと呼びますが、エンパスの共感力は、感受性が強いということだけではなく、スピリチュアルな感覚の一つであると考えられています。つまり、エンパス体質の人はスピリチュアルな才能があるということなんです。

※エンパスについて詳しくは、『共感力が高いエンパスとは?リアル特徴20選と3つの対策

なぜエンパスがスピリチュアル能力であると言えるのか?

エンパスの人は、自分以外のあらゆる情報、エネルギーを感受してしまうのが特徴です。

その情報には以下のようなものが挙げられます。

・人の感情、考え、エネルギー、体調不良

・動物の感情、エネルギー、体調不良

・場のエネルギー

・物のエネルギー

・霊的なものの存在、感情、エネルギー

このように、エンパスの特徴としてよく知られる人の感情だけでなく、目に見えないスピリチュアル的なものも、かなり広範囲に感じ取っています。つまり、目に見えないあらゆるものも簡単にもらってしまうのがエンパスだと言えます。

そのため、エンパスはスピリチュアル能力の一つであると考えられるんです。

エンパスは霊感が強い?

エンパスは、スピリチュアルな能力の一種ですが、エンパス体質の全員が、霊感が強いとは限りません。

なぜなら、エンパス体質でも、感受性の強さを発揮する対象が人によって異なるからです。エンパス体質だからといって、動物の気持ちが必ずしも分かるわけではないし、植物のエネルギーを感じられるわけでもない。そして、霊的なものに感受性がないエンパス体質の人も、もちろんいるということです。

エンパス体質の人全員に共通するのは、人の感情、思考に対する感受性です。また、人の感情や思考を読み取ることができる能力の度合いも、人によってそれぞれです。

エンパス体質の中にも、共感力の強弱があり、共感力を発揮する対象物が異なるということなんですね。

 

スポンサーリンク

 

霊感の強いエンパス体質の人が気を付けたいこと

エンパス体質の人は、良く人から「もらってしまう」ということが起きますが、霊的なものに感受性が強い人は、この「もらってしまう」現象が霊に対しても起きてしまうんです。

エンパス体質の特徴として、自分と他者との境界線が曖昧で、他者を自分の中に融合させてしまうということがあるからです。加えて、エンパス体質の人は、ネガティブなものにフォーカスしがちなため、霊的に悪いものとくっつきやすい傾向にあるんです。

スピリチュアルな能力を扱う人たちでエンパスではない人は、この境界線がしっかりとしていて、その上かなり明瞭です。

そのため、エンパスでない人はスピリチュアルな世界を感じ取っても動じることはなく、ただ感知したものを人を見る材料にする。つまり、単純に情報として受け取ることができます。

エンパス体質で霊感が強い人は、霊的なものからの影響を受けないようにするためには、他者との境界線をしっかりともつことが大切です。

エンパスをオフにすることができるようになり、エンパス体質を改善することができれば、この境界線がしっかりとしてきて、霊的なものから自分を守ることができるようになります。

関連記事:『エンパス体質の人が、自分を守るためにできる14の対策

エンパス体質だとネガティブなものばかり感じる理由

そもそもエンパスの人が、痛みを感知するなら、快心地よさも感知するはず。しかし実際は、エンパスは「痛み」ばかりにフォーカスしてしまう傾向に。それには、ちゃんとした理由があります。

それは、「恐怖心」。

痛みに対する恐怖心が強くあるために、「痛み」の存在に敏感なんです。つまり、痛みに対してアンテナを張りすぎているがために痛みをキャッチしやすく、もらってしまうということが起こっているのです。

もし、痛みに対して恐怖心がないのであれば、どんな情報を感知しても大丈夫になるため、心地よさも感知できるようになります。エンパスで、痛みにフォーカスしている人は、相手の痛みと同調するため、相手を自分のことのように助けようとします。そして、相手の悲しさや寂しさ、心の傷んだところで人と繋がってしまうんですね。

エンパスでも、他人と自分との線引きをするコツを掴み、これまで無意識に自分の中に取り込んでしまっていた「他」と手を切ることができると、「自分」を生きることができるようになります。

 

スポンサーリンク

エンパスの能力を才能として活かすには?

人の心が読めるというエンパスの能力は、一つの才能であるともいえます。ただし、他人との境界線が不明瞭で、感じているものが、他人のものであるのか、自分のものであるのか判別がつかないような状態であるのなら、エンパスの能力は心身に負担をかけるばかりになります。

そのため、エンパスの能力をポジティブに才能として活かすには、まず、他人と自分の境界線をしっかりと線引きできるようになることが必要です。しっかりと線引きできると、感じ取ったものを正確に取り扱うことができるようになるからです。

今は、コミュニケーション不足の時代。共感力で相手を思いやり、寄り添うことができる人が少なくなってきています。そのため、せっかく持って生まれた共感力をポジティブに活かせるようになるといいですよね。

(監修:谷口スズ)

 

【女子の人間関係白書】女の世界での上手な付き合い方とは

この記事を読んだ人におすすめ

共感力が高いエンパスとは?リアル特徴20選と3つの対策
共感力が高いエンパスの特徴から改善法までまとめて紹介

SNSでもご購読できます。