【連載日記 vol.5】育休復帰と皮算用


【連載日記 vol.5】育休復帰と皮算用

※前回までの日記はover30女性の働き方革命バックナンバー

 

先日ショートしたのは、我が家の口座だ。

 

あっちの通帳も

こっちの通帳も

すっからかんになってしまっていた。

やったのは、私だ。

とどめを刺した時、意外にも心は静かだった。

 

夫と結婚して6年。

3年目の妊娠と同時に家を買った。

購入する際夫は転職前の会社にいて、その時の年収と出産後の私の仮想年収の一部を合わせ支払い計画を立てていた。

夫の転職と私の出産後、蓋を開けてみると毎月10万の赤字生活になっていた。

育休中は正規のお給料じゃないし復帰したら巻き返せるはずだよね。

今だけ…と思い、私は足りない分を貯金から少しずつ切り崩して生活していた。

それでも毎月10万の赤字は痛い。

1枚目の通帳がすぐに底をつきた。

 

会社に復帰しても結局、時短勤務と子供の熱や私の体調不良で欠勤が続き、手取りのお給料も減って、赤字の波を巻き返すことが出来ずにいた。

 

ヤバイ。

なんとかしなきゃ…

焦りが募る。

 

ついに2枚目の通帳も空っぽになった時に起業という方法を知った。

どうやらこれしかないかもしれない。

でも、闇雲に始めたところで軌道に乗るまでに時間がかかるかもしれない。

そう思い、一番手をつけたくなかった息子名義の通帳から数十万するコンサル代を引き出して、知り合いの起業コンサルに入門した。

 

これがちょうど1年前のことである。

言わない、言えない。抱え込む日々。

夫にはこのことを、今思えば全く相談していなかった。

 

年に1、2回、ごにょごにょごにょと言ったかもしれないが、相談しようという発想は不思議なことに全く浮かばなかった。

猫さまは私に、「どうして1人で背負っているのか」と聞いた。

「自分の嫁が自分の知らないところでここまで追い詰められていると知ったら、自分だったら自殺ものだ」そう言っていた。

 

心が崩壊しかけると、美味しい話が次から次へと入ってくる。

その1つに手を付けた瞬間、今度は身体もショートしてしまった。

 

「出来なかったことを白状しなさい。

自分1人ではどうにも出来なかったと、一緒に考えて欲しいと、ご主人に白状するのです。」

 

次から次に溢れ出る涙を拭いながら、私はその晩初めて夫に事の一部始終を話した。

夫は驚愕したように、口を手で覆う仕草を見せ、うんとも分かったとも言わなかった。

 

そんな夫をぼんやり見つめながら、ただ心の圧迫感だけがスッと抜けるようなそんな感覚だけを抱いて、その日は眠った。

 

【連載日記 vol.6】に続く)

 

 

★over30女性の働き方革命 YouTubeチャンネルができました!

仕事と育児の両立が抱える問題を提起をし、女性の働き方のニューモデルを男性社会に申し立てしていくことを目的としたママたちによるプロジェクトのオフィシャルチャンネル。

ワークライフバランスに関する情報を中心に、ワーママたちの本音が聞ける生トークなどをお届けします。

over30女性の 働き方革命チャンネルはこちらから

 

★over30女性の働き方革命について詳しくは
「疲れない!無理しない!仕事と育児の両立が始まる」


働くママのためのメールマガジン

心から笑ってますか?
ワーママを一生苦しめる"ちゃんと”の呪いを解くヒントをお届け!

メルマガ登録フォーム
Eメール:

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*