【連載日記 vol.14】消えぬ不足感


 

【連載日記 vol.14】消えぬ不足感

※前回までの日記はover30女性の働き方革命バックナンバー

 

私は不足感の解消をひたすら外に求めている。

なのに、心そのままを伝える訳にはいかないからねじ曲がった形で人と繋がってしまう。

 

不足感があるとバレてしまったら、人が離れていくんじゃないか、嫌われてしまうんじゃないか、価値が崩壊してしまうんじゃないか、私が私でいられなくなるんじゃないか。

 

その想いに気付いて、今の自分がただのハリボテのようにさえ思えてしまう。

心が、分離してしまいそうだ。

前に進もうと、違和感のある関係をひとつひとつ断ち切っていくのだけど、寂しさで崩壊しそうになる。

 

家計の赤字は間違いなく、この心の弱さによるものだ。

私はこれまで沢山の人にお金を消費してきた。

 

「自分でわかっているのに、人に頼る傾向がある」何度か言われてきた言葉。

 

不足感のある自分が信頼出来ず、一番側にいる夫が信頼出来ず、既にわかっている答えを他人に求め、今日も金額を見ずにお金を支払う。

 

「ザルだ、ザルだ」と何度か言われてきたが、私の心は底のないバケツだったな。

 

「愛されているんだよ」

「焼きそばで良い?」と夫が聞いてくる。

あ、今日もやってくれるんだ…

あの子がお腹空いたって言ってるしね…

もうこんな時間か…

 

退社が近く、引継ぎ業務が溜まっている。

昨日も明け方まで資料をまとめていた私は家事を完全に放棄していた。

夫は土曜も日曜も息子を連れて出掛けて行ってくれ、「こっちはいい」と言って顎を上げ、私に仕事を続けろと促す。

 

家のお金を使い切った嫁に、家事もせずパソコンに向かう嫁に、ご飯も作らない嫁に、笑わない嫁に、この夫は何も言わない。

なんで家に置いてるんだろう…

 

私は寂しさを埋めるものを外に求めようとしているのに…

多分、夫はそれにも気付いているはずだ。

 

「愛されているんだよ」と周りに言われても、微動だにしないのは私の心。

”欲しいものをくれる人と繋がる関係”が欲しかったけれど、私は夫に何を欲しているんだろう。

 

鬼のぬいぐるみと、犬のぬいぐるみを抱きしめる息子をひょいっと抱きかかえて車に乗せる。

「ママ、いってきまーす!」と、はしゃぐ息子と夫の笑い声。

ボーっと立ち尽くし手を振って見送る私。

 

雨、もう止まないかな…。

【連載日記 vol.15】に続く)

 

 

★over30女性の働き方革命 YouTubeチャンネルができました!

仕事と育児の両立が抱える問題を提起をし、女性の働き方のニューモデルを男性社会に申し立てしていくことを目的としたママたちによるプロジェクトのオフィシャルチャンネル。

ワークライフバランスに関する情報を中心に、ワーママたちの本音が聞ける生トークなどをお届けします。

over30女性の 働き方革命チャンネルはこちらから

 

★over30女性の働き方革命について詳しくは
「疲れない!無理しない!仕事と育児の両立が始まる」


働くママのためのメールマガジン

心から笑ってますか?
ワーママを一生苦しめる"ちゃんと”の呪いを解くヒントをお届け!

メルマガ登録フォーム
Eメール:

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*